自然の中のお散歩が健康に与える効果とは?

科学的な内容を期待されていた方には、残念ながらご期待に添えないかもしれませんが、ここでは、人と自然の間のメンタルのつながりと、それが人間の健康に及ぼすプラスの影響について説明します。

そもそも、なぜそんな説明をする必要があるのか、と思われるかもしれません。テクノロジーの急速な発展には多くのメリットがありますが、残念ながら、同時に私たちに悪影響を与えているといデメリットもあります。

人々は仕事でオフィスに”閉じ込められ“、自由な時間もPCのスクリーンの前で過ごし、自然との接触がないため、精神的にも肉体的にも健康を損なっています。

そこでオススメなのは、1日に少なくとも30分は、自然の中を少し歩く時間を設けましょう。

大都市に住んでいると、コンクリートに囲まれているので難しいとは思いますが、近くの公園などを利用するとよいでしょう◎。

仕事の都合でそれができない場合は、週に1回、少なくとも週末には、自然の中での2〜3時間の散歩をするようにしましょう。

ではここで疑問となるのが、自然と触れ合うことで、一体どのようなメリットがあるのでしょうか?

まずは、自然との接触がない場合、どのような影響があるのかを見てみましょう。

長時間、椅子に座っていると、骨、関節、腱、筋肉、血圧などに悪影響を及ぼします。精神的にも、自然を奪われた人は不幸になり、鬱になり、さらにストレスがたまるだけです。

生活の中で何か気になることがあったら、近くの公園に行って、緑や動物の声に囲まれながら新鮮な空気を吸ってみると、きっと後悔しない結果が出るはずです。

自然の中に身を置くと、精神的にも肉体的にも良い影響があることが証明されています。これまで集中力の欠如に悩まされていた人は、自然の中で少し瞑想するだけで解決するでしょう。

常にストレスを感じていたり、不機嫌で悩んでいたりする人は、自然の中で数分過ごすだけで、神経がかなり落ち着きます。

定期的に自然の中に行くようになると、生活の基盤を自然に置くことができるようになるでしょう。

具体的にもっというと、誰かと一緒に行ったり、自然の中で運動したり、ハイキングやラフティングなどのアクティビティをするのもいいでしょう。

実際には、自然の中でできることはたくさんあります。例えば、トラッキングは、自然や祖先とのつながりを感じられる素晴らしいアクティビティです。

動物の足跡を見つけたら、爪の跡がないか、足跡の数やパターンはどうかなどを調べてみましょう。地域にどんな動物が住んでいるのかを調べ、その足跡を残した動物を見つけるのです。

いかがだったでしょうか?アメリカの作家、カトリーナ・メイヤーは「木々の中で過ごした時間は、決して無駄にならない」と述べ、ここに書かれたことを見事に一言にまとめていました。